--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.07.23 (Tue)

iniファイルメモ 

' INIファイル文字列情報取得関数(API)の定義
Public Declare Function GetPrivateProfileString Lib "kernel32" _
Alias "GetPrivateProfileStringA" _
(ByVal lpApplicationName As String, _
ByVal lpKeyName As Any, _
ByVal lpDefault As String, _
ByVal lpReturnedString As String, _
ByVal nSize As Long, _
ByVal lpFileName As String) As Long

' INIファイルから文字列情報を取得する関数
' 返り値:取得データ
' 引き数:FName - .iniファイル名
' SName - セクション名
' KName - キー名
' Default - 取得に失敗したときや該当する項目が無かった時の戻り値
Public Function ReadIni(ByVal FName As String, ByVal SName As String, _
ByVal KName As String, ByVal Default As String) As String
Dim RtnCD As Long
Dim RtnStr As String

' GetPrivateProfileString APIを利用し、INIファイルから情報取得
RtnStr = Space$(256)
RtnCD = GetPrivateProfileString(SName, KName, Default, RtnStr, 255, _
FName)

' 戻り値設定
If RtnCD > 0 Then
If InStr(RtnStr, Chr$(0)) > 0 Then
ReadIni = Left$(RtnStr, InStr(RtnStr, Chr$(0)) - 1)
Else
ReadIni = ""
End If
Else
ReadIni = Default
End If

End Function

' INIファイルから取得した文字列情報を表示する関数
Public Sub ShowParaStr()
Const IniName = "C:\Users\Satoru\Desktop\Temple.ini"
Const SecName = "PERSONAL" ' セクション名
Const KeyName = "NAME" ' キー名
Const Default = "NONE" ' デフォルト値

MsgBox "キーの値は「" & _
ReadIni(IniName, SecName, KeyName, "") & _
"」です。"

End Sub
スポンサーサイト
EDIT |  02:10 |  Excel VBA  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ブログ内検索

カレンダー

最近のコメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。